2008年06月25日

山梨の桃太郎伝説

 誰でも知ってる昔話『桃太郎』

 『桃太郎』といえば岡山が有名ですよね!

 岡山というとやはり桃の栽培が盛んなところです。

 いわゆる 『桃』に関して山梨のよきライバルですわーい(嬉しい顔)

 で、対抗するわけじゃないのですが、実は山梨にも

 桃太郎伝説があるってご存知ですか?

 桃源郷一宮のある甲府盆地から東京方面へ笹子峠を越えた大月市・・・

 そうなんです。ナビィサービスネットワークのある
 
 大月市猿橋町周辺は、桃太郎伝説のある町なのです。

 今日はそのお話を少ししましょう。

 『 昔々、岩殿山に鬼がおったそうな・・・・

   時折、里に下りて行き村人を襲ったり食べ物を奪ったりして

   人々を大変苦しめていた。

   ある日、鶴の川で洗濯をしていたおばあさんは川上から
 
   大きな桃が流れてくるのを見つけ、それを拾い上げました。

   家に持ち帰って割ってみると、仲から男の子が出てきました。
   
   喜んだおばあさんとおじいさんは、桃太郎と名づけました。

   桃太郎は成長し、岩殿山のオニ退治に向かう途中

   【犬目】(上野原市)で犬を、【鳥沢】(大月市)でキジを

   【猿橋】(大月市)で猿を家来にし、岩殿山のオニを退治
   
   しました。めでたしめでたし』

  え?普通の桃太郎の話と変わりがない?がく〜(落胆した顔)

  確かにそうですねわーい(嬉しい顔)

  でも、そのほかにも、桃は流れてきたのではなく
 
  百蔵山(ももくらやま)で桃を食べたおばあさんが若返って

  桃太郎を産んだとか、犬が投げつけた石の杖が大地震を起こし
 
  たため、石の落ちた付近を石動(大月市賑岡町)と呼ぶよう
  
  になったという話とか・・・・

  桃太郎が投げつけた杖が、笹子(ささご)の白野という集落に

  突き刺さったとか・・・

  他にも石杖が刺さっている場所とか鬼などにまつわる地名が
  
  色々残っています。 ほんとかな?って思いますがね(笑)

  でも【犬目】【鳥沢】【猿橋】という地名はちゃんとありますし

  【鳥沢】と【猿橋】はJR中央本線の駅(隣同士の駅)にも

  なってます。

  大月は桃太郎発祥の地かどうかは別として、甲州のちょっとした

  ミステリー昔話として楽しんでいただけたら嬉しいです。


 


posted by ナビィスタッフ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 桃の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。